HOME
このWEBサイトは生駒聖書学院創立者であるレオナード・クート師の当時の資料を保存、共有しています。聖書の学びの助けになれば幸いです。

聖書概論

オバデヤ書

(2021-01-14)

オバデヤ書

1、性格、

 A、鍵語 むくい

 B、鍵句 主の日は全ての国々の上に近ずいている。あなたがしたように、あなたにもされる。

      あなたの報いは、あなたの頭上に返る。(オバデヤ15節) 

 C、大 要

 1、イスラエル民族はカナン定住以来、寸時も赦されることなく生命と平安をおびやかされていた。

   それは猛悪なエドム人で本書は神のエドム人に対する復讐の予告。彼らの運命と最後を述べている。

 2、エドム人は、イスラエルの先祖イサクの兄エソウの子孫。エドム人はイスラエル人からすると全くの

   異邦人ではなかった。

   イサク、エソウの争い、イスラエル人とエドム人(創世記25章22、23節

   エドム人=傲慢、野蛮、野生的(エソウと同じ)

   エドム人はいつもイスラエル人を悩まし続けていた。エドム人はイスラエル人に滅ぼされ

   残るもの一人もなし。

ⅱ 著 者

  オバデヤ

Ⅲ、分 割

  A、エドム人の傲慢に対するエホバの激烈な譴責、1−9節

  B、エドム人の大罪の事実と滅亡の必し     10=14、

  C、エホバの日の来臨とエドムの運命の果    15−21、

Ⅳ、使 命

 1、エホバは選民の絶対の養護者、指示者であること、

 2、選民を脅かす民族は復讐する。  10節、15節

 

                       終り

 

関連聖書箇所:オバデヤ書

← 1つ前の記事 | 1つ後の記事 →

>このカテゴリーの全てのタイトルを表示

サイト内を検索

聖書箇所

福音書の主なできごとで検索

フリーワードで全記事を検索

Recent
聖書概論
レオナードクート説教集
クリスチャンの死と葬儀
聖書かみしばい
自由な話題
資料室