HOME
このWEBサイトは生駒聖書学院創立者であるレオナード・クート師の当時の資料を保存、共有しています。聖書の学びの助けになれば幸いです。

聖書概論

ルツ記

(2021-03-30)

ルツ記:

1、表 題

A、Ruth<ルツ>=友、きれいな、美しい。

B、恵の書巻。

2、著 者:

 不明であるが一般にサムエルとされている。

3、年 代:

A、”さばきつかさが治めていた頃”(1:1)の約11年間にわたっている。

B、多分 BC1030年から970年の間に書かれたと思われる。

4、鍵 語:

A、Kinman(’s,men) 買い戻しの権利のある親類、買い戻す者

  親戚、親類の役目………………………………………………………14

B、Redeem(ing) 買い戻す………………………………………………… 9

C、Grace, Favour 親切にする、ご好意…………………………………… 3

D、Rest 落ち着く、落ち着く所、平和な暮らしができる……………… 3

5、鍵 節:

  3:13

6、目 的:

A、さばきづかさの時代の中で恵の、明確な絵を引き出すため。

B、ダビデの家系を確立するため。

C、異邦人の招きを象徴するため。

7、メッセージ: 

A、買い戻しの権利のある親類が恵によって、失われた相続地を買い戻し、安息に中に受け戻す。

B、純粋な愛は全ての困難に打ち勝つ。

8、アウトライン:   

Ⅰ、安息を捨てる…………………………………………… 1:1−5

Ⅱ、安息を願望する…………………………………………1:6−22

Ⅲ、安息を探し求める………………………………………2−3章

Ⅳ、安息を獲得する……………………………………………4章

9、まとめ:

 聖書の中で2つの書巻に女性の名前が付けられている。ルツとエステル。ルツはユダヤ人と結婚した異邦の女性で、エステルは異邦人と結婚したユダヤ人女性である。ルツ記は聖書の中で一人の女性の生涯に、その全てを費やしている唯一の書巻である。第1章の中にその背景が設けられている。エリメレク、ナオミと彼らの二人の息子は飢饉のためユダのベツレヘムを離れて、モアブ人(ロトの偶像礼拝の子孫)の地に行った。二人の息子達はモアブの女性たちオルパとルツと結婚した10年後に父親と息子達は死に、ナオミはベツレヘムに帰国することを決心した。オルパは後に残ったが、ルツは母親と共に行った。2章においてエリコのラハブの子(マタイ1:5)ボアズが紹介されている。彼はナオミとルツの親類であったので、彼の畑で落穂を拾うルツに目をかけ、親切にあつかった。3、4章でボアズがエリメレクとその息子達の相続地を買い、ルツと結婚することによって買い戻しの権利ある親類の役目を果たしているのを見る。この書巻はダビデの先祖に、ルツとボアズがいることを明確にした系図をもって結ばれている。これは神が異邦人の血を用いて、全ての国民の救い主を生み出すために選民の中に、選びの家族を形成することを表している。ルツはまた、教会の美しい姿を私たちに提供している。すなわち異邦人であり、約束の契約については他国人であったが、買い戻しの権利ある親類の恵みによって、イスラエルの国民に受け入れられた者(エペソ2:11−13))である。

10、キリストの現れ:

 キリストは、有力者(2:1)収穫の主(2:4−17)そして、私達を恵みによって主との結合に導き入れる、買い戻しの権利のある親類として表されている。

 

(終わり)

 

 

ルツ記:

1、表 題

A、Ruth<ルツ>=友、きれいな、美しい。

B、恵の書巻。

2、著 者:

 不明であるが一般にサムエルとされている。

3、年 代:

A、”さばきつかさが治めていた頃”(1:1)の約11年間にわたっている。

B、多分 BC1030年から970年の間に書かれたと思われる。

4、鍵 語:

A、Kinman(’s,men) 買い戻しの権利のある親類、買い戻す者

  親戚、親類の役目………………………………………………………14

B、Redeem(ing) 買い戻す………………………………………………… 9

C、Grace, Favour 親切にする、ご好意…………………………………… 3

D、Rest 落ち着く、落ち着く所、平和な暮らしができる……………… 3

5、鍵 節:

  3:13

6、目 的:

A、さばきづかさの時代の中で恵の、明確な絵を引き出すため。

B、ダビデの家系を確立するため。

C、異邦人の招きを象徴するため。

7、メッセージ: 

A、買い戻しの権利のある親類が恵によって、失われた相続地を買い戻し、安息に中に受け戻す。

B、純粋な愛は全ての困難に打ち勝つ。

8、アウトライン:   

Ⅰ、安息を捨てる…………………………………………… 1:1−5

Ⅱ、安息を願望する…………………………………………1:6−22

Ⅲ、安息を探し求める………………………………………2−3章

Ⅳ、安息を獲得する……………………………………………4章

9、まとめ:

 聖書の中で2つの書巻に女性の名前が付けられている。ルツとエステル。ルツはユダヤ人と結婚した異邦の女性で、エステルは異邦人と結婚したユダヤ人女性である。ルツ記は聖書の中で一人の女性の生涯に、その全てを費やしている唯一の書巻である。第1章の中にその背景が設けられている。エリメレク、ナオミと彼らの二人の息子は飢饉のためユダのベツレヘムを離れて、モアブ人(ロトの偶像礼拝の子孫)の地に行った。二人の息子達はモアブの女性たちオルパとルツと結婚した10年後に父親と息子達は死に、ナオミはベツレヘムに帰国することを決心した。オルパは後に残ったが、ルツは母親と共に行った。2章においてエリコのラハブの子(マタイ1:5)ボアズが紹介されている。彼はナオミとルツの親類であったので、彼の畑で落穂を拾うルツに目をかけ、親切にあつかった。3、4章でボアズがエリメレクとその息子達の相続地を買い、ルツと結婚することによって買い戻しの権利ある親類の役目を果たしているのを見る。この書巻はダビデの先祖に、ルツとボアズがいることを明確にした系図をもって結ばれている。これは神が異邦人の血を用いて、全ての国民の救い主を生み出すために選民の中に、選びの家族を形成することを表している。ルツはまた、教会の美しい姿を私たちに提供している。すなわち異邦人であり、約束の契約については他国人であったが、買い戻しの権利ある親類の恵みによって、イスラエルの国民に受け入れられた者(エペソ2:11−13))である。

10、キリストの現れ:

 キリストは、有力者(2:1)収穫の主(2:4−17)そして、私達を恵みによって主との結合に導き入れる、買い戻しの権利のある親類として表されている。

 

(終わり)

 

 

ルツ記:

1、表 題

A、Ruth<ルツ>=友、きれいな、美しい。

B、恵の書巻。

2、著 者:

 不明であるが一般にサムエルとされている。

3、年 代:

A、”さばきつかさが治めていた頃”(1:1)の約11年間にわたっている。

B、多分 BC1030年から970年の間に書かれたと思われる。

4、鍵 語:

A、Kinman(’s,men) 買い戻しの権利のある親類、買い戻す者

  親戚、親類の役目………………………………………………………14

B、Redeem(ing) 買い戻す………………………………………………… 9

C、Grace, Favour 親切にする、ご好意…………………………………… 3

D、Rest 落ち着く、落ち着く所、平和な暮らしができる……………… 3

5、鍵 節:

  3:13

6、目 的:

A、さばきづかさの時代の中で恵の、明確な絵を引き出すため。

B、ダビデの家系を確立するため。

C、異邦人の招きを象徴するため。

7、メッセージ: 

A、買い戻しの権利のある親類が恵によって、失われた相続地を買い戻し、安息に中に受け戻す。

B、純粋な愛は全ての困難に打ち勝つ。

8、アウトライン:   

Ⅰ、安息を捨てる…………………………………………… 1:1−5

Ⅱ、安息を願望する…………………………………………1:6−22

Ⅲ、安息を探し求める………………………………………2−3章

Ⅳ、安息を獲得する……………………………………………4章

9、まとめ:

 聖書の中で2つの書巻に女性の名前が付けられている。ルツとエステル。ルツはユダヤ人と結婚した異邦の女性で、エステルは異邦人と結婚したユダヤ人女性である。ルツ記は聖書の中で一人の女性の生涯に、その全てを費やしている唯一の書巻である。第1章の中にその背景が設けられている。エリメレク、ナオミと彼らの二人の息子は飢饉のためユダのベツレヘムを離れて、モアブ人(ロトの偶像礼拝の子孫)の地に行った。二人の息子達はモアブの女性たちオルパとルツと結婚した10年後に父親と息子達は死に、ナオミはベツレヘムに帰国することを決心した。オルパは後に残ったが、ルツは母親と共に行った。2章においてエリコのラハブの子(マタイ1:5)ボアズが紹介されている。彼はナオミとルツの親類であったので、彼の畑で落穂を拾うルツに目をかけ、親切にあつかった。3、4章でボアズがエリメレクとその息子達の相続地を買い、ルツと結婚することによって買い戻しの権利ある親類の役目を果たしているのを見る。この書巻はダビデの先祖に、ルツとボアズがいることを明確にした系図をもって結ばれている。これは神が異邦人の血を用いて、全ての国民の救い主を生み出すために選民の中に、選びの家族を形成することを表している。ルツはまた、教会の美しい姿を私たちに提供している。すなわち異邦人であり、約束の契約については他国人であったが、買い戻しの権利ある親類の恵みによって、イスラエルの国民に受け入れられた者(エペソ2:11−13))である。

10、キリストの現れ:

 キリストは、有力者(2:1)収穫の主(2:4−17)そして、私達を恵みによって主との結合に導き入れる、買い戻しの権利のある親類として表されている。

 

(終わり)

 

 

関連聖書箇所:ルツ記

← 1つ前の記事 | 1つ後の記事 →

>このカテゴリーの全てのタイトルを表示

サイト内を検索

聖書箇所

福音書の主なできごとで検索

フリーワードで全記事を検索

Recent
聖書概論
レオナードクート説教集
クリスチャンの死と葬儀
聖書かみしばい
自由な話題
資料室
資料室