HOME
このWEBサイトは生駒聖書学院創立者であるレオナード・クート師の当時の資料を保存、共有しています。聖書の学びの助けになれば幸いです。

クリスチャンの死と葬儀

クリスチャンの死と葬儀

(2007-01-24)

クリスチャンにとって決して終わりではない人の死

人はいつか必ず死ぬ・・・それは誰でも知っていることです。
ですが、この肉体は滅びても私たちクリスチャンにとってはそれがすべての
おわりではありません。

肉体と言う「ころも」を脱ぎ捨てて、永遠の世界へいくことなのです。
そこにはわたしたちがもっとも信頼するキリストがおられるのです。
苦しみも悲しみももう、終わりです。
愛・喜・平和がそこにはあります。

ですから、クリスチャンの死とは待ちに待ったあたらしい出発でもあるのです。
葬儀も当然、よろこんで送り出してやるという意味があります。

しかし、その反面、遺族や友人とのわかれがあります。
それは悲しく、寂しいのは当然ですね。悲しいお別れの式でもあるのです。

ですからわたしたちは、残された方々のなぐさめのためにもこの「葬儀」に対して
心の準備をしておくことも必要でしょう。

← 1つ前の記事 | 1つ後の記事 →

サイト内を検索

聖書箇所

福音書の主なできごとで検索

フリーワードで全記事を検索

Recent
聖書概論
レオナードクート説教集
クリスチャンの死と葬儀
聖書かみしばい
自由な話題
資料室