HOME
このWEBサイトは生駒聖書学院創立者であるレオナード・クート師の当時の資料を保存、共有しています。聖書の学びの助けになれば幸いです。

聖書概論

伝道の書

(2021-03-04)

2、著 者:

 多くの人達はソロモンよって書かれたと理解している。

3、年 代:

A、多分 B,C,935年頃のソロモンの老年時代に書かれたと思われる。

4、鍵 語:

A、知恵、思慮 …………………………………………………54

B、1心、一心、いっさい ………………………………………40 

C、むなしい、空 …………………………………………………37

D、愚かな者、愚か者、愚かさ …………………………………32

鍵 句:

A、日(天)の下で(に)…………………31

B、風を追うようなものだ ………………10

5、鍵 節:

 1:13、14、  12:13、14

 

6、目 的

A、他の何物に対する信頼をも、軽視することによって神への信頼を求めるため。

B、この世の事物に信頼を置く人々に、全ての世的な物事は、むなしいものであることを指摘して、彼らを

  幻滅させるため。

C、敬虔深い者を慰め、人生の困難に立ち向かう方法を示すため。

 

7、メッセージ:

A、神から離れては、人生は退屈と失望とに満ちている。

B、全ての事柄がむなしいことを知っている者は、失望な時を時を通る試練の時でも、その備えが良くでき

 ている。

C、人間の全ての本分は、神をおそれることと、主の命令を守ることである。(12:13)

 

8、アウトライン:

Ⅰ、序、……………………………………………………………1:1−11

Ⅱ、全ての事柄のむなしさ………………………………………1:12ー6:12

Ⅲ、知恵に関する助言……………………………………………7:1ー12:7

Ⅳ、結論……………………………………………………………12:8−14

9、まとめ:

 自分の全ての欲求を満足させ得る地位にあったソロモン王は、物質的、肉欲的、感情的、そして知的に満足を得ようと試みた。彼はすぐに、神を恐れない人生はむなしく、くだらないことを見いだした。ソロモンがこの書巻を書いたののか、または、彼の体験を用いて他のだれかが著作したのかわからないが、そのメッセージは、人間の全ての本分は神を恐れ、主の命令を守ること(12:13)であると、明確かつ大声でそれを言っている。

”説教者”は非常に賢く、まずはじめに”日の下” (世俗的範囲) の全ての事はむなしいことを指摘し、そして神の知恵を離れては人間の知恵は愚かなことを示して、彼の説教を構成している。それから彼は、神のみが満足する人生をもたらすことができるゆえ、私達の希望と信頼は神だけにおくべきであるという結論を出している。

(注)ヤコブの手紙3:13、17、18を箴言に、そしてヤコブの手紙3:14−16を伝道者の書に関連づけてみよ。

10、キリストの現れ:

 キリストは、説教者、ダビデの子、神の知恵、”上から”のエルサレムの王として表されている。

            (1:1、コリント前1:24、ガラテヤ4:26)。

 

(伝道者の書 終わり)

 

2、著 者:

 多くの人達はソロモンよって書かれたと理解している。

3、年 代:

A、多分 B,C,935年頃のソロモンの老年時代に書かれたと思われる。

4、鍵 語:

A、知恵、思慮 …………………………………………………54

B、1心、一心、いっさい ………………………………………40 

C、むなしい、空 …………………………………………………37

D、愚かな者、愚か者、愚かさ …………………………………32

鍵 句:

A、日(天)の下で(に)…………………31

B、風を追うようなものだ ………………10

5、鍵 節:

 1:13、14、  12:13、14

 

6、目 的

A、他の何物に対する信頼をも、軽視することによって神への信頼を求めるため。

B、この世の事物に信頼を置く人々に、全ての世的な物事は、むなしいものであることを指摘して、彼らを

  幻滅させるため。

C、敬虔深い者を慰め、人生の困難に立ち向かう方法を示すため。

 

7、メッセージ:

A、神から離れては、人生は退屈と失望とに満ちている。

B、全ての事柄がむなしいことを知っている者は、失望な時を時を通る試練の時でも、その備えが良くでき

 ている。

C、人間の全ての本分は、神をおそれることと、主の命令を守ることである。(12:13)

 

8、アウトライン:

Ⅰ、序、……………………………………………………………1:1−11

Ⅱ、全ての事柄のむなしさ………………………………………1:12ー6:12

Ⅲ、知恵に関する助言……………………………………………7:1ー12:7

Ⅳ、結論……………………………………………………………12:8−14

9、まとめ:

 自分の全ての欲求を満足させ得る地位にあったソロモン王は、物質的、肉欲的、感情的、そして知的に満足を得ようと試みた。彼はすぐに、神を恐れない人生はむなしく、くだらないことを見いだした。ソロモンがこの書巻を書いたののか、または、彼の体験を用いて他のだれかが著作したのかわからないが、そのメッセージは、人間の全ての本分は神を恐れ、主の命令を守ること(12:13)であると、明確かつ大声でそれを言っている。

”説教者”は非常に賢く、まずはじめに”日の下” (世俗的範囲) の全ての事はむなしいことを指摘し、そして神の知恵を離れては人間の知恵は愚かなことを示して、彼の説教を構成している。それから彼は、神のみが満足する人生をもたらすことができるゆえ、私達の希望と信頼は神だけにおくべきであるという結論を出している。

(注)ヤコブの手紙3:13、17、18を箴言に、そしてヤコブの手紙3:14−16を伝道者の書に関連づけてみよ。

10、キリストの現れ:

 キリストは、説教者、ダビデの子、神の知恵、”上から”のエルサレムの王として表されている。

            (1:1、コリント前1:24、ガラテヤ4:26)。

 

(伝道者の書 終わり)

 

2、著 者:

 多くの人達はソロモンよって書かれたと理解している。

3、年 代:

A、多分 B,C,935年頃のソロモンの老年時代に書かれたと思われる。

4、鍵 語:

A、知恵、思慮 …………………………………………………54

B、1心、一心、いっさい ………………………………………40 

C、むなしい、空 …………………………………………………37

D、愚かな者、愚か者、愚かさ …………………………………32

鍵 句:

A、日(天)の下で(に)…………………31

B、風を追うようなものだ ………………10

5、鍵 節:

 1:13、14、  12:13、14

 

6、目 的

A、他の何物に対する信頼をも、軽視することによって神への信頼を求めるため。

B、この世の事物に信頼を置く人々に、全ての世的な物事は、むなしいものであることを指摘して、彼らを

  幻滅させるため。

C、敬虔深い者を慰め、人生の困難に立ち向かう方法を示すため。

 

7、メッセージ:

A、神から離れては、人生は退屈と失望とに満ちている。

B、全ての事柄がむなしいことを知っている者は、失望な時を時を通る試練の時でも、その備えが良くでき

 ている。

C、人間の全ての本分は、神をおそれることと、主の命令を守ることである。(12:13)

 

8、アウトライン:

Ⅰ、序、……………………………………………………………1:1−11

Ⅱ、全ての事柄のむなしさ………………………………………1:12ー6:12

Ⅲ、知恵に関する助言……………………………………………7:1ー12:7

Ⅳ、結論……………………………………………………………12:8−14

9、まとめ:

 自分の全ての欲求を満足させ得る地位にあったソロモン王は、物質的、肉欲的、感情的、そして知的に満足を得ようと試みた。彼はすぐに、神を恐れない人生はむなしく、くだらないことを見いだした。ソロモンがこの書巻を書いたののか、または、彼の体験を用いて他のだれかが著作したのかわからないが、そのメッセージは、人間の全ての本分は神を恐れ、主の命令を守ること(12:13)であると、明確かつ大声でそれを言っている。

”説教者”は非常に賢く、まずはじめに”日の下” (世俗的範囲) の全ての事はむなしいことを指摘し、そして神の知恵を離れては人間の知恵は愚かなことを示して、彼の説教を構成している。それから彼は、神のみが満足する人生をもたらすことができるゆえ、私達の希望と信頼は神だけにおくべきであるという結論を出している。

(注)ヤコブの手紙3:13、17、18を箴言に、そしてヤコブの手紙3:14−16を伝道者の書に関連づけてみよ。

10、キリストの現れ:

 キリストは、説教者、ダビデの子、神の知恵、”上から”のエルサレムの王として表されている。

            (1:1、コリント前1:24、ガラテヤ4:26)。

 

(伝道者の書 終わり)

 

関連聖書箇所:伝道の書

← 1つ前の記事 | 1つ後の記事 →

>このカテゴリーの全てのタイトルを表示

サイト内を検索

聖書箇所

福音書の主なできごとで検索

フリーワードで全記事を検索

Recent
聖書概論
レオナードクート説教集
クリスチャンの死と葬儀
聖書かみしばい
自由な話題
資料室