HOME
このWEBサイトは生駒聖書学院創立者であるレオナード・クート師の当時の資料を保存、共有しています。聖書の学びの助けになれば幸いです。

聖書概論

哀歌

(2021-02-25)

哀 歌

1、表 題 

A、(哀歌)=哀悼、嘆き、泣くこと。

B、哀しみの書巻

2、著 者:

 涙の預言者エレミヤによって書かれた。彼はユダの家に対して預言し、またエレミヤ書も書いた。

3、年 代:

A、エゼキエルの務めは、ヨシヤ王の治世に始まり、エホアハズ、エホヤキム、エコヌヤ (エホヤキン)

  そしてユダの最後の王となった。セデキヤの支配の後に終わる。約66年間(B,C,626年ー560年)

  にわたっている。

B、エルサレムの陥落の直後、約B,C,586年頃に書かれた。

4、鍵 語:

A、シオン………………………………………………………15

B、悩み、悩ます、憂い、苦しみ…………………………… 9

C、エルサレム………………………………………………… 7

D、荒れ果てる、荒れすさむ、しおれる、荒廃、………… 7

鍵句:

A、(神である)"主は……される。…………………………14

B、人の子………………………………………………………………… 93

5、鍵 節:

  1:12、 2:17

6、目 的:

A、預言者を通して、エルサレムの上に神の心の悲しみ、哀悼を連続して表現するため。

B、エルサレムの苦悩と荒廃を記録するため。

7、メッセージ:

A、神の律法に対する不従順の罪は、神御自身の選ばれた民であっても、神の怒りと荒廃をもたらす。

B、神は御自分の民を愛し、あわれまれるが故意に強情で不従順な人々を、懲らしめなければならない。

8、アウトライン:

Ⅰ、第1篇……エルサレムの苦境……………………1章……町

Ⅱ、第2篇……エホバの怒り…………………………2章……神殿

Ⅲ、第3篇……エレミヤの悲しみ……………………3章……預言者

Ⅳ、第4篇……エホバの怒り…………………………4章……国民

Ⅴ、第5章……エレミヤの祈り………………………5章……祈り

9、まとめ:

 哀歌は、五つの詩から成っている。

 1〜4章はアクロステックである。各部の頭が連結したヘブル語のアルファベット22字の中の一字で始まっている。

 それらのそれぞれの詩は、災い、神の裁き、そして悲しみに言及しており、第4番目を除いて皆懇願の祈りに終わっている。第5は詩は、完全にとりなしの祈りである。

 エレミヤの哀歌は次の四つに関係がある。

A、ユダの国民  B、ソロモンの神殿  C、エルサレムの町  D、パレスチナの地

 10、キリストの現れ:

 キリストは、とりなしをする涙の預言者、悲しみの人、ユダ、エルサレム、神殿、そして国土の荒廃を悲しむ者として表されている。(ルカ19:41〜44、ルカ21:20〜24、マタイ23:37〜38、

マタイ24:1〜4)。

(終わり)

 

哀 歌

1、表 題 

A、(哀歌)=哀悼、嘆き、泣くこと。

B、哀しみの書巻

2、著 者:

 涙の預言者エレミヤによって書かれた。彼はユダの家に対して預言し、またエレミヤ書も書いた。

3、年 代:

A、エゼキエルの務めは、ヨシヤ王の治世に始まり、エホアハズ、エホヤキム、エコヌヤ (エホヤキン)

  そしてユダの最後の王となった。セデキヤの支配の後に終わる。約66年間(B,C,626年ー560年)

  にわたっている。

B、エルサレムの陥落の直後、約B,C,586年頃に書かれた。

4、鍵 語:

A、シオン………………………………………………………15

B、悩み、悩ます、憂い、苦しみ…………………………… 9

C、エルサレム………………………………………………… 7

D、荒れ果てる、荒れすさむ、しおれる、荒廃、………… 7

鍵句:

A、(神である)"主は……される。…………………………14

B、人の子………………………………………………………………… 93

5、鍵 節:

  1:12、 2:17

6、目 的:

A、預言者を通して、エルサレムの上に神の心の悲しみ、哀悼を連続して表現するため。

B、エルサレムの苦悩と荒廃を記録するため。

7、メッセージ:

A、神の律法に対する不従順の罪は、神御自身の選ばれた民であっても、神の怒りと荒廃をもたらす。

B、神は御自分の民を愛し、あわれまれるが故意に強情で不従順な人々を、懲らしめなければならない。

8、アウトライン:

Ⅰ、第1篇……エルサレムの苦境……………………1章……町

Ⅱ、第2篇……エホバの怒り…………………………2章……神殿

Ⅲ、第3篇……エレミヤの悲しみ……………………3章……預言者

Ⅳ、第4篇……エホバの怒り…………………………4章……国民

Ⅴ、第5章……エレミヤの祈り………………………5章……祈り

9、まとめ:

 哀歌は、五つの詩から成っている。

 1〜4章はアクロステックである。各部の頭が連結したヘブル語のアルファベット22字の中の一字で始まっている。

 それらのそれぞれの詩は、災い、神の裁き、そして悲しみに言及しており、第4番目を除いて皆懇願の祈りに終わっている。第5は詩は、完全にとりなしの祈りである。

 エレミヤの哀歌は次の四つに関係がある。

A、ユダの国民  B、ソロモンの神殿  C、エルサレムの町  D、パレスチナの地

 10、キリストの現れ:

 キリストは、とりなしをする涙の預言者、悲しみの人、ユダ、エルサレム、神殿、そして国土の荒廃を悲しむ者として表されている。(ルカ19:41〜44、ルカ21:20〜24、マタイ23:37〜38、

マタイ24:1〜4)。

(終わり)

 

哀 歌

1、表 題 

A、(哀歌)=哀悼、嘆き、泣くこと。

B、哀しみの書巻

2、著 者:

 涙の預言者エレミヤによって書かれた。彼はユダの家に対して預言し、またエレミヤ書も書いた。

3、年 代:

A、エゼキエルの務めは、ヨシヤ王の治世に始まり、エホアハズ、エホヤキム、エコヌヤ (エホヤキン)

  そしてユダの最後の王となった。セデキヤの支配の後に終わる。約66年間(B,C,626年ー560年)

  にわたっている。

B、エルサレムの陥落の直後、約B,C,586年頃に書かれた。

4、鍵 語:

A、シオン………………………………………………………15

B、悩み、悩ます、憂い、苦しみ…………………………… 9

C、エルサレム………………………………………………… 7

D、荒れ果てる、荒れすさむ、しおれる、荒廃、………… 7

鍵句:

A、(神である)"主は……される。…………………………14

B、人の子………………………………………………………………… 93

5、鍵 節:

  1:12、 2:17

6、目 的:

A、預言者を通して、エルサレムの上に神の心の悲しみ、哀悼を連続して表現するため。

B、エルサレムの苦悩と荒廃を記録するため。

7、メッセージ:

A、神の律法に対する不従順の罪は、神御自身の選ばれた民であっても、神の怒りと荒廃をもたらす。

B、神は御自分の民を愛し、あわれまれるが故意に強情で不従順な人々を、懲らしめなければならない。

8、アウトライン:

Ⅰ、第1篇……エルサレムの苦境……………………1章……町

Ⅱ、第2篇……エホバの怒り…………………………2章……神殿

Ⅲ、第3篇……エレミヤの悲しみ……………………3章……預言者

Ⅳ、第4篇……エホバの怒り…………………………4章……国民

Ⅴ、第5章……エレミヤの祈り………………………5章……祈り

9、まとめ:

 哀歌は、五つの詩から成っている。

 1〜4章はアクロステックである。各部の頭が連結したヘブル語のアルファベット22字の中の一字で始まっている。

 それらのそれぞれの詩は、災い、神の裁き、そして悲しみに言及しており、第4番目を除いて皆懇願の祈りに終わっている。第5は詩は、完全にとりなしの祈りである。

 エレミヤの哀歌は次の四つに関係がある。

A、ユダの国民  B、ソロモンの神殿  C、エルサレムの町  D、パレスチナの地

 10、キリストの現れ:

 キリストは、とりなしをする涙の預言者、悲しみの人、ユダ、エルサレム、神殿、そして国土の荒廃を悲しむ者として表されている。(ルカ19:41〜44、ルカ21:20〜24、マタイ23:37〜38、

マタイ24:1〜4)。

(終わり)

 

← 1つ前の記事 | 1つ後の記事 →

>このカテゴリーの全てのタイトルを表示

サイト内を検索

聖書箇所

福音書の主なできごとで検索

フリーワードで全記事を検索

Recent
聖書概論
レオナードクート説教集
クリスチャンの死と葬儀
聖書かみしばい
自由な話題
資料室