HOME
このWEBサイトは生駒聖書学院創立者であるレオナード・クート師の当時の資料を保存、共有しています。聖書の学びの助けになれば幸いです。

聖書概論

ミカ書

(2021-02-12)

 ミカ書

1、表 題:

A、Micah(ミカ)=エホバのような者、神の如く。

B、説教の書巻

C、罪の自覚を促す書巻

2、著 者:

 イスラエルとユダ両国に対して務めをなした、メシヤ的に罪の自覚を促す預言者ミカによって書かれた。(小預言者達の中で両国に対して務めをなしたのは、ミカだけであった。)

3、年 代:

A、ミカの務めは、ユダのヨタム、アハズ、ヒゼキヤの治世、、またイスラエルのペカとホセヤの治世の

 約35年間(B,C,735年−700年)にわたっている。従って彼は、イスラエルがアッシリヤの捕囚になった

 ことを目撃した。

B、B,C,735年から700年の間に書かれた。

 

4、鍵 語:

A、イスラエル…………………12

B、聞け(き)…………………10

C、シオン ……………………9

D、エルサレム…………………8

E、罪   ……………………7

F、そむきの罪…………………6

G、集める、集められた、寄せ集める…6

H、残りの者、ほかの者………6

 

5、鍵 節:

    3章8節、 6章8節、 7章18節、

6、目 的:

A、イスラエルとユダに彼らの罪を自覚させ、後になるとそれぞれが、バビロンとアッシリヤの捕囚となっ

 て裁きを受けることを示すため。

B、忠実な残りの人々に、メシヤの時代に回復される約束を与えるため。

C、メシヤの誕生する町を指摘するため。(ミカはそれをした唯一の預言者である。)

 

7、メッセージ:

A、神は罪、とがや、儀式を憎まれるが、それを処分した後では喜んで許してくださる。

B、忠実さを保つ者達は、神のあわれみと贖いの恵みを保証されている。

 

8、アウトライン:

Ⅰ、罪と裁き………………………1−3章

   人々に対して……聞け

Ⅱ、恵みと回復……………………4−5章

   指導者に対して……聞け

Ⅲ、論争と慰め……………………6−7章

   山々に向かって……聞け

 

9、まとめ

 ミカの予言は、警告、裁き、訓戒、回復の約束、そしてメシヤの預言が入りまじっている、いくつかの説教から成っている。人々に対する最初の説教で彼は、イスラエルとユダに彼の神への背信と、その結果もたらされる審判について証している。指導者達に対する第2の説教で彼は、イスラエルとユダ特殊な回復についてのメシヤに約束で慰めている。それから山々(国々)に対する第3の説教で彼は、イスラエルに真の信仰の本質に関して懇願し、そして神は許してくださるという慰めの言葉で閉じている。

 

10、キリストの現れ:

 キリストは神のようなお方で、天上のミカ、ベツレヘムで生まれ(5:2、マタイ2:1ー6 )、ユダヤ人の王として拒絶され(5:1、ヨハネ19:15)、そして主の家の創立者(4:1ー2、ヘブル3:6)として表わされている。

 

(ミカ書)終り

 

 

関連聖書箇所:ミカ書

← 1つ前の記事 | 1つ後の記事 →

>このカテゴリーの全てのタイトルを表示

サイト内を検索

聖書箇所

福音書の主なできごとで検索

フリーワードで全記事を検索

Recent
聖書概論
レオナードクート説教集
クリスチャンの死と葬儀
聖書かみしばい
自由な話題
資料室