HOME
このWEBサイトは生駒聖書学院創立者であるレオナード・クート師の当時の資料を保存、共有しています。聖書の学びの助けになれば幸いです。

聖書概論

ゼパニヤ書

(2021-01-16)

ゼパニヤ書

Ⅰ、 性 格

  A、鍵語 妬みの火

  B、鍵句 1章18節

 C、大 要  

1、著者の活動 

ゼパニヤはユダヤの王ヨシヤの時代に預言者職に1:1節 ヨシヤの治世年間はBC638年~BC608年に及びBC621年に律法が発見されて国家と宗教の全般に亘って改革を断行した。

 ゼパニヤはヒゼキヤの血統を引いた王家の一員。

2、本書の預言の動機

 スクテヤ人の侵入によるユダの危機の切迫があった。 BC628年に北方の口海、カスピ海に居住していた遊牧民族スクテヤ人(ウクライナ人)が突如待挙して南下してアジヤ南部にまで来て荒らし回った。本書はその危期をエホバの日と書き表している。それを預言としてイスラエル民族に悔い改めをうながし、神に帰ることを迫った。

 

Ⅱ、分 割

A、不義の中に審判のためにいます正き神  1章1ー3章8節

1、来るべき審判の予言よる威嚇      1章2−7節

2、審判により滅亡せらるべき人々     1章8−13節

3、エホバの日が到来の接近の告示     1章14ー18節

4、神の憐憫による悔い改めの勧告     2章1−3節

5、イスラエルをめぐる諸国に対する神の審判の宣告 2章4ー15節

6、イスラエルの極悪の罪の有様と世界審判の断行の宣告 3勝1ー8節

 

B、イスラエルの中に救いのためにいます救いの神 3章9節ー20節

1、イスラエルの悔い改めと回復     3章9ー13節

2、イスラエルの歓喜と平和       3章14−17節

3、イスラエルの栄光          3章18−20節

 

Ⅲ、使 命

神の義しき故、審判の激しさ。

嫉妬の火  1章18節  3章8節

焼き尽くす火 ヘブル12章29節

愛の深さ    3章17節

神の御経綸   3章19、20節

 

 (終わり)

 

 

 

 

 

 

 

関連聖書箇所:ゼパニヤ書

← 1つ前の記事 | 1つ後の記事 →

>このカテゴリーの全てのタイトルを表示

サイト内を検索

聖書箇所

福音書の主なできごとで検索

フリーワードで全記事を検索

Recent
聖書概論
レオナードクート説教集
クリスチャンの死と葬儀
聖書かみしばい
自由な話題
資料室