HOME
このWEBサイトは生駒聖書学院創立者であるレオナード・クート師の当時の資料を保存、共有しています。聖書の学びの助けになれば幸いです。

聖書概論

エゼキエル書

(2020-11-18)

  エゼキエル書

Ⅰ  A、エホバの栄光

   B、1章28節  3:23  9:3  8:4  10:4  10:18  10:19

             11:22  11:23節

 C、 

1、先のイザヤ書は救いの書としてメシヤなる神に重きがおかれ、ついでエレミヤ記は義と愛の父なる神に

  ついて記され本書に於いての神は聖霊として顕現されている。

  本書の教える神の霊的乃至は象徴的なつかむにむずかしい神を教えている。

  聖書中難解な書物とされている。

2、本書は他の予言書と共通する所の内容を含む大予言書

  堕落しても悔い改めない人への神の厳格な取り扱い(さばき)

  悔い改めた者への神の寛大な愛の取り扱い。 18章(エゼキエルの縮小)

 

Ⅱ、著 者

エゼキエル 

 他のいかなる予言書にもまして確実である。原語『神は強くしたもう』

1、祭司ブシの子 召命以前=祭司   1:3、 43:19

2、虜囚の預言者

  エルサレム滅亡(BC586年)の11年前エホヤキン王の時、バビロンへ虜囚された。予言者として

  召命されたのは虜囚5年目(BC582年)ゲバル川のほとりで居住していた。1:3、

  妻も持っていた。8:1、24:15〜18

  同朋より尊敬され 権威ある人 長老らから相談するほど人望があった。14:1、 20:1

  予言の説教を公会的に行った。熱心で人々を引きつけ人々は群がって彼の元に来た。33:30〜33

Ⅲ、他書との関係

  象徴的な顕現

  聖霊の働きが顕著

1、黙示録

A、ケルビムについて=エゼキエル12:4〜  黙示録4:1〜

B、巻物を食うこと   3章    黙示録10章

C、ゴグとマゴク(サタン) 38章

D、新エルサレム  40章〜48章   21章

E、生命の水の川  47章  22章

2、四福音書

 獅子=キリスト=王、  牛=僕  人=人  わし=神の子

Ⅳ、分 割

A、エホバ栄光の顕現   1章〜3章

 1、エゼキエルの見た神の異象   1章

 2、予言者エゼキエルについて、  2:1〜3:2節 

 a、エゼキエルに対する予言職任命  2章

 b、エゼキエルの料食       3章1〜3節

 c、エゼキエルの聖職       4章〜11章

 d、エゼキエルの天界携挙と異象  12章〜14章

 e、エゼキエルの職分       15〜21章

 3、再びエホバの栄光の顕現   3章22〜27節

 

 

 

 

B、エホバの栄光の顔(エルサレム滅亡に関する予言)4:1〜24章、

1、エルサレム包囲の象徴的予言 4:1〜5:4節

a、互いに描かれたエルサレムの町 4:1〜3

b、エルサレム自身の応じ方    4:4〜8

c、汚れたるパン         4:9〜17節

d、カミソリで剃られた毛     5:1〜4、

2、水も漏らさぬ包囲の恐ろしさ 5:5〜17、

3、絶望的刑罰の警告      6章、7章、

4、エルサレムの罪と厳罰    8章〜12章

5、不当な偽予言者      13章、14章

6、エルサレムの反逆と不誠実についての比喩的序述。15章16章、

7、セデキヤ王の不誠実な態度に対する比喩的警告  17章

8、神の審判への厳粛な宣告    18章

9、ダビデ王国の滅亡に関する哀歌  19章

10、エルサレムに対する最後的な警告と象徴的予言 20章〜24章

 

C、諸国に対するエホバの栄光

1、アンモン、モアブ、エドム、ペリシテの各種族に対する予言。25章

2、ツロ、シドン、の両都市に対する予言。   26章〜28章

3、エジプトの国に対する予言         29章〜32章

 

D、エホバの栄光の再現   33〜48章

 (イスラエルの回復に関する栄えある喜ばしい予言)

1、悔い改めた者への回復の約束  33章

2、悔い改めた民族に先立ち給う大牧者 34章

3、エドムの滅亡とイスラエルの帰還  35、36章

4、選民イスラエルの再現と復興   37章

5、異邦人の軍隊に対するエホバの最後的勝利。38〜39章

6、エゼキエルの見た新エルサレムと聖所   40〜43章

7、新エルサレムと聖所の参与者に対する律法 44〜46章

8、新エルサレムの主の民に対する分割    47〜48章

 

ⅴ、使 命

A、主題の如く神自身の顕現

 我の神たるを知るべし==知るであろう=72回 *6:7、10、13、14、7:48、

その他。

  B、本書はイスラエルの神を教えることを使命としている。歴史的に民族は虜囚滅亡、共に彼ら自身の罪の

 結果である。

C、本書の教える神。

  霊的、象徴的、神秘的な顕現1章、2章、10章、他のいずれの書に優って起越的。

 

    エゼキエル書、終り

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

              

 

  エゼキエル書

Ⅰ  A、エホバの栄光

   B、1章28節  3:23  9:3  8:4  10:4  10:18  10:19

             11:22  11:23節

 C、 

1、先のイザヤ書は救いの書としてメシヤなる神に重きがおかれ、ついでエレミヤ記は義と愛の父なる神に

  ついて記され本書に於いての神は聖霊として顕現されている。

  本書の教える神の霊的乃至は象徴的なつかむにむずかしい神を教えている。

  聖書中難解な書物とされている。

2、本書は他の予言書と共通する所の内容を含む大予言書

  堕落しても悔い改めない人への神の厳格な取り扱い(さばき)

  悔い改めた者への神の寛大な愛の取り扱い。 18章(エゼキエルの縮小)

 

Ⅱ、著 者

エゼキエル 

 他のいかなる予言書にもまして確実である。原語『神は強くしたもう』

1、祭司ブシの子 召命以前=祭司   1:3、 43:19

2、虜囚の預言者

  エルサレム滅亡(BC586年)の11年前エホヤキン王の時、バビロンへ虜囚された。予言者として

  召命されたのは虜囚5年目(BC582年)ゲバル川のほとりで居住していた。1:3、

  妻も持っていた。8:1、24:15〜18

  同朋より尊敬され 権威ある人 長老らから相談するほど人望があった。14:1、 20:1

  予言の説教を公会的に行った。熱心で人々を引きつけ人々は群がって彼の元に来た。33:30〜33

Ⅲ、他書との関係

  象徴的な顕現

  聖霊の働きが顕著

1、黙示録

A、ケルビムについて=エゼキエル12:4〜  黙示録4:1〜

B、巻物を食うこと   3章    黙示録10章

C、ゴグとマゴク(サタン) 38章

D、新エルサレム  40章〜48章   21章

E、生命の水の川  47章  22章

2、四福音書

 獅子=キリスト=王、  牛=僕  人=人  わし=神の子

Ⅳ、分 割

A、エホバ栄光の顕現   1章〜3章

 1、エゼキエルの見た神の異象   1章

 2、予言者エゼキエルについて、  2:1〜3:2節 

 a、エゼキエルに対する予言職任命  2章

 b、エゼキエルの料食       3章1〜3節

 c、エゼキエルの聖職       4章〜11章

 d、エゼキエルの天界携挙と異象  12章〜14章

 e、エゼキエルの職分       15〜21章

 3、再びエホバの栄光の顕現   3章22〜27節

 

 

 

 

B、エホバの栄光の顔(エルサレム滅亡に関する予言)4:1〜24章、

1、エルサレム包囲の象徴的予言 4:1〜5:4節

a、互いに描かれたエルサレムの町 4:1〜3

b、エルサレム自身の応じ方    4:4〜8

c、汚れたるパン         4:9〜17節

d、カミソリで剃られた毛     5:1〜4、

2、水も漏らさぬ包囲の恐ろしさ 5:5〜17、

3、絶望的刑罰の警告      6章、7章、

4、エルサレムの罪と厳罰    8章〜12章

5、不当な偽予言者      13章、14章

6、エルサレムの反逆と不誠実についての比喩的序述。15章16章、

7、セデキヤ王の不誠実な態度に対する比喩的警告  17章

8、神の審判への厳粛な宣告    18章

9、ダビデ王国の滅亡に関する哀歌  19章

10、エルサレムに対する最後的な警告と象徴的予言 20章〜24章

 

C、諸国に対するエホバの栄光

1、アンモン、モアブ、エドム、ペリシテの各種族に対する予言。25章

2、ツロ、シドン、の両都市に対する予言。   26章〜28章

3、エジプトの国に対する予言         29章〜32章

 

D、エホバの栄光の再現   33〜48章

 (イスラエルの回復に関する栄えある喜ばしい予言)

1、悔い改めた者への回復の約束  33章

2、悔い改めた民族に先立ち給う大牧者 34章

3、エドムの滅亡とイスラエルの帰還  35、36章

4、選民イスラエルの再現と復興   37章

5、異邦人の軍隊に対するエホバの最後的勝利。38〜39章

6、エゼキエルの見た新エルサレムと聖所   40〜43章

7、新エルサレムと聖所の参与者に対する律法 44〜46章

8、新エルサレムの主の民に対する分割    47〜48章

 

ⅴ、使 命

A、主題の如く神自身の顕現

 我の神たるを知るべし==知るであろう=72回 *6:7、10、13、14、7:48、

その他。

  B、本書はイスラエルの神を教えることを使命としている。歴史的に民族は虜囚滅亡、共に彼ら自身の罪の

 結果である。

C、本書の教える神。

  霊的、象徴的、神秘的な顕現1章、2章、10章、他のいずれの書に優って起越的。

 

    エゼキエル書、終り

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

              

 

  エゼキエル書

Ⅰ  A、エホバの栄光

   B、1章28節  3:23  9:3  8:4  10:4  10:18  10:19

             11:22  11:23節

 C、 

1、先のイザヤ書は救いの書としてメシヤなる神に重きがおかれ、ついでエレミヤ記は義と愛の父なる神に

  ついて記され本書に於いての神は聖霊として顕現されている。

  本書の教える神の霊的乃至は象徴的なつかむにむずかしい神を教えている。

  聖書中難解な書物とされている。

2、本書は他の予言書と共通する所の内容を含む大予言書

  堕落しても悔い改めない人への神の厳格な取り扱い(さばき)

  悔い改めた者への神の寛大な愛の取り扱い。 18章(エゼキエルの縮小)

 

Ⅱ、著 者

エゼキエル 

 他のいかなる予言書にもまして確実である。原語『神は強くしたもう』

1、祭司ブシの子 召命以前=祭司   1:3、 43:19

2、虜囚の預言者

  エルサレム滅亡(BC586年)の11年前エホヤキン王の時、バビロンへ虜囚された。予言者として

  召命されたのは虜囚5年目(BC582年)ゲバル川のほとりで居住していた。1:3、

  妻も持っていた。8:1、24:15〜18

  同朋より尊敬され 権威ある人 長老らから相談するほど人望があった。14:1、 20:1

  予言の説教を公会的に行った。熱心で人々を引きつけ人々は群がって彼の元に来た。33:30〜33

Ⅲ、他書との関係

  象徴的な顕現

  聖霊の働きが顕著

1、黙示録

A、ケルビムについて=エゼキエル12:4〜  黙示録4:1〜

B、巻物を食うこと   3章    黙示録10章

C、ゴグとマゴク(サタン) 38章

D、新エルサレム  40章〜48章   21章

E、生命の水の川  47章  22章

2、四福音書

 獅子=キリスト=王、  牛=僕  人=人  わし=神の子

Ⅳ、分 割

A、エホバ栄光の顕現   1章〜3章

 1、エゼキエルの見た神の異象   1章

 2、予言者エゼキエルについて、  2:1〜3:2節 

 a、エゼキエルに対する予言職任命  2章

 b、エゼキエルの料食       3章1〜3節

 c、エゼキエルの聖職       4章〜11章

 d、エゼキエルの天界携挙と異象  12章〜14章

 e、エゼキエルの職分       15〜21章

 3、再びエホバの栄光の顕現   3章22〜27節

 

 

 

 

B、エホバの栄光の顔(エルサレム滅亡に関する予言)4:1〜24章、

1、エルサレム包囲の象徴的予言 4:1〜5:4節

a、互いに描かれたエルサレムの町 4:1〜3

b、エルサレム自身の応じ方    4:4〜8

c、汚れたるパン         4:9〜17節

d、カミソリで剃られた毛     5:1〜4、

2、水も漏らさぬ包囲の恐ろしさ 5:5〜17、

3、絶望的刑罰の警告      6章、7章、

4、エルサレムの罪と厳罰    8章〜12章

5、不当な偽予言者      13章、14章

6、エルサレムの反逆と不誠実についての比喩的序述。15章16章、

7、セデキヤ王の不誠実な態度に対する比喩的警告  17章

8、神の審判への厳粛な宣告    18章

9、ダビデ王国の滅亡に関する哀歌  19章

10、エルサレムに対する最後的な警告と象徴的予言 20章〜24章

 

C、諸国に対するエホバの栄光

1、アンモン、モアブ、エドム、ペリシテの各種族に対する予言。25章

2、ツロ、シドン、の両都市に対する予言。   26章〜28章

3、エジプトの国に対する予言         29章〜32章

 

D、エホバの栄光の再現   33〜48章

 (イスラエルの回復に関する栄えある喜ばしい予言)

1、悔い改めた者への回復の約束  33章

2、悔い改めた民族に先立ち給う大牧者 34章

3、エドムの滅亡とイスラエルの帰還  35、36章

4、選民イスラエルの再現と復興   37章

5、異邦人の軍隊に対するエホバの最後的勝利。38〜39章

6、エゼキエルの見た新エルサレムと聖所   40〜43章

7、新エルサレムと聖所の参与者に対する律法 44〜46章

8、新エルサレムの主の民に対する分割    47〜48章

 

ⅴ、使 命

A、主題の如く神自身の顕現

 我の神たるを知るべし==知るであろう=72回 *6:7、10、13、14、7:48、

その他。

  B、本書はイスラエルの神を教えることを使命としている。歴史的に民族は虜囚滅亡、共に彼ら自身の罪の

 結果である。

C、本書の教える神。

  霊的、象徴的、神秘的な顕現1章、2章、10章、他のいずれの書に優って起越的。

 

    エゼキエル書、終り

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

              

 

関連聖書箇所:エゼキエル書

← 1つ前の記事 | 1つ後の記事 →

>このカテゴリーの全てのタイトルを表示

サイト内を検索

聖書箇所

福音書の主なできごとで検索

フリーワードで全記事を検索

Recent
聖書概論
レオナードクート説教集
クリスチャンの死と葬儀
聖書かみしばい
自由な話題
資料室