すべてのメッセージのタイトル一覧
(2010-06-27の週報より)

「罪赦されたもの」

メッセージを聞くにはクリック  

『もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。』    (第一ヨハネ1章9節)

If we cofess our sins, he is faithful just and will forgive us our sins and purify us from all unrihteousces.(1john 1 : 9 ) New International Version.

 

一、ゆるしの必要性  (第一ヨハネ1章5−2章2節)

 イエスを信じてクリスチャンになった者は、すべての罪をゆるされています。 けれど、毎日の生活の中でいろいろな問題に出合い、時には失敗してしまうこともあります。神はイエスを信じた者たちを『罪ゆるされた者』として下さいまし たが『罪のない者』となったわけではないからです。1章6節を読んで下さい。もし私たちが罪の中にとどまるなら、偽りを言っていることになるのです。また 『罪はない』(1章8節)とか『罪を犯していない』(1章10節)などと言うなら、神に対しても自分に対しても嘘をつくことになります。
 それでは、罪を犯したときはどうすればよいのでしょうか。1章9節を読んで下さい。神は私たちの罪をゆるして下さると書いてあります。私たちが自分の罪を告白するなら、神はすべての罪をゆるして下さるのです。
 2章1節にはさらに素晴らしいことが書いてあります。私たちが罪を犯したとき、イエスが私たちを弁護して下さるというのです。


二、ゆるしの根拠(ヘブル9章23−28節)

 第一ヨハネ1章7節を見ると、イエスの血が私たちを罪からきよめるとあります、㈵ヨハネ2章2節には、イエスが罪のためのなだめの供え物であると書いてあります。これはどういうことでしょうか。
  血とか供え物というのは、旧約聖書が命じている罪のための儀式に関係しています。大祭司は、年に一度、動物の血を持って、神を礼拝する聖所の奥にある至聖 所に入ります。血は、自分やイスラエル人の罪をきよめるためのささげものです(7節)。この儀式は毎年繰り返して行わなければなりませんでした。25、 26節を読んで下さい。聖書は、イエスがご自分をささげたと言っています旧約聖書の大祭司がささげたのは、単なる動物の血でしたが、イエスは十字架にかか ることでご自分を全人類の罪のためのささげものとなさったのです。また、大祭司は毎年この儀式を行わなければなりませんでしたが、イエスの十字架は、たっ た一度です。イエスご自身という完全なささげものをささげた以上、もう繰り返す必要はありません。私たちが罪を告白するならば、罪を赦していただけるので す。


三、クリスチャンの歩み(第一ヨハネ2章3ー6節)

 では、クリスチャンはどのように生活すればよいのでしょう か、罪を犯してゆるしていただけるからと安心してめちゃくちゃなことをしていいのでしょうか。聖書は、神の命令を守ること、つまりみことばを守ることを命 じています。そしてみことばに従うなら、神との親しい関係にいれていただくことができます。今日の聖書箇所では『神を知っている』とか『神のうちにいる』 とか『神のうちとどまっている』ということばでこの素晴らしい関係が描写されています。

 私たちは弱い人間です。誘惑に負けたり、いろいろな失敗をして罪を犯してしまいます。そのようなときは、すぐに神の前に出て告白しましょう。神は、私たちの罪を赦してくださいます。

聖書箇所を検索:ヨハネ(1)(結果はページ右に表示されます)
福音書の主な出来事:該当なし



 

Copyright (c) 東大阪キリスト教会