すべての項目のタイトル一覧
(2020-08-08)

「列王記上」

  

列王記 1 
1 性格 A 鍵語  その父ダビデのごとく
     B 鍵句  9章4〜9節
    ”あなたが、あなたの父ダビデが歩んだように、全き心と正しさをもって、わたしの前に歩み、
    わたしがあなたに命じたことをすべてそのまま実行し、わたしのおきてと定めとを守るならば”

C 大要
    先のサムエル記1がサウル王国樹立、Ⅱ がダビデの王国建設であったが、列王記1は、ソロモンの
    王位継承より南北分裂時代までである。列王記 Ⅱ は分裂時代より王国滅亡まで。
    その特徴は次の三点にある。

  1、記述の方法等について題名の如く王とその治世に重点を置き、分裂時代では、南北の王を比較照
    させて出来事を記述する方法をとっている。

  2、各王の統治と神に対する態度に鋭い批判を降し、神殿取扱いとエホバ礼拝の忠誠遺憾によって
    王の善悪が定められている。

   3、歴史的記述の不平均。歴史的に重要な事柄でも詳細に述べてあるのと、無いのとがある。
      これは著者の判断によって左右されたのであろう。列王記1、Ⅱ は神殿中心によって左右されている
    といってもよい。
 
2 著者
   不明。伝説的に、エレミヤではないかと言われている。著者は多くの資料の本から列王記上、下を
   書いたものらしく、次の三つの書名が挙げられている。
    ユダの王の年代記(列王記上15章7節) イスラエルの王の歴代誌(15章31節) 
   ソロモンの行為の書(11章41節)
    尚、著者は予言者であったと一般的に推測される。

3 他の文書との関係
   本書は元来、上下一巻のものであったがギリシャ語に訳された時、分割されたものです。
   サムエルと歴史的に関連している。

4 分割 
   列王記1 王国の黄金期、全盛時代 一章ー10章
  A 王国の安定            一章ー2章

  1、ダビデの老後と哀れむべき姿               1章1〜4節
  2、息子アドニヤの謀反                   1章5〜9節
  3、予言者ナタンと妻バテシバの計略             1章10〜31節
  4、ソロモン、任職の脂注がれて王となる           1章32〜53節
  5、ダビデ、ソロモンに対して最後の訓戒を与えて他界する。   2章1〜11節
  6、ソロモンの王位継承                   2章12〜16節
  7、ソロモンの国内粛清                   2章13〜46節

 B 王国の栄誉と栄光       3章〜10章  
 
  1、ソロモンの礼拝                      3章1〜4節
  2、ソロモンの夢に顕現のエホバと知恵の付与          3章5〜3章15節
  3、知恵あるソロモンの名裁判                 3章16〜3章46節
  4、ソロモンの懸命な執政と統治                4章1〜4章28節
  5、天下に聞こえたソロモンの叡智               4章29〜4章34節
  6、ソロモンの神殿と宮殿の建築                5章〜〜8章
  7、ソロモンに再現の神と約束の言葉              9章1〜9節
  8、後のソロモンの内治外交政策                9章10〜28節
  9、シバの女王の来訪と回答                  10章1〜13節
  10、ソロモンが手にした莫大な富               10章14〜29節

 

 
 聖書概論 その2
 
  2 王国の衰退時代                  11章〜22章

 A    王国の南北分裂                  11章1〜12章24節
    1、ソロモンの背教と死                     11章
  2、レハベアベアムの即位と悪政                  12章1〜15節 
  3、王国は南、北の2派に分裂しヤラベヤム、イスラエル十支族の王位に就く
                                  12章16〜24節 
 B 王国の自滅
 1、ヤラベヤム(イスラエル王)の背教と死            12章25〜14章20節
 2、レハべアム(ユダ王)の背教と死               14章21〜14章30節
 3、度重なるユダ王等の背教                   15章1 〜 24節
 4、度重なるイスラエル王等の背教                15章25〜16章34節
 5、イスラエル王アハブと予言者エリヤ              17章1〜22章53節

  aエリヤとザレパテのやもめ                   17章
  bカルメル山上 エリヤとバアルの予言者との対決         18章
  cエリヤに対するアハブの妻イゼベルの迫害とエリシャの召命    19章
  d アハブ王、シリヤ王ゲネハナデに勝利を得る           20章
  e アハブ王、ナボテのブドウ畑を略奪する             21章
  fアハブ王とヨシャパテ王               

*登場人物
  ソロモン 彼は非常に知恵に満ち、神殿を建築するなど多くの働きをなした。しかし、彼は晩年
         神に背きイスラエル王国滅亡の原因を作った。
   エリヤ  大予言者でエホバの預言者がほとんど殺された後も、彼はエホバのため、バアルの預言
        者たちと戦った。列王記上19章10節。彼は弟子エリシャの目の前で火の車の如き物に
        物に乗り天に上げられた。
  アハブ   彼は悪王中の悪王であり、その妻イゼベルも熱心なバアル偶像教徒であった。

6、使 命 
     a 報酬と復讐。信ずる者、従う者には良き報いを与え、信ぜぬ者、従わぬ物には復讐を与え
        られる。人物の取り捨て選択、と関連あり。
      b    国の栄古盛衰は王にかかっている。 
       1、神 第一主義が先決問題である。
       2、王がその民を如何に愛しているか。レハべアムをみよ。
       3、王の良識と実際生活の清さは国の基準である。
7、教訓
      最大で神に忠実であったダビデさえ罪を(姦淫と殺人)を犯した。その後のダビデは哀れである。
      しかし神は彼を辱めなかった。しかし、その汚点はいつまでも消えなかった。彼の晩年は残光
      の生活であった。丁度、太陽が西へ沈んだ後しばらく明るい光が残っているそれであった。

      ダビデは良い子供を持たなかった。という事は良いしつけ立派な生活をしなかったという事に
      原因がある。列王記上1章6節によるとダビデはその子に対してはほとんど盲目的な愛であっ
      て、厳しい態度をとっていなかった。箴言13章24節”『ムチを控える者はその子を憎む者
      である。子を愛する者はつとめてこれを懲らしめる』とある。箴言23章13、14節参照。
      
      ソロモンはきたるべき平和の君、イエス・キリストの予表である。
      ソロモンは王国の繁栄をはかった。国の繁栄は戦争の勝利ではなく国民生活の平和にある。

      繁栄の王として、ソロモンは優れた資性を持っていた。これが王国の繁栄の一番大きな原因で
      あった。しかし彼も偶像崇拝の罪に歩み王国崩壊の原因を作った。


列王記 1 
1 性格 A 鍵語  その父ダビデのごとく
     B 鍵句  9章4〜9節
    ”あなたが、あなたの父ダビデが歩んだように、全き心と正しさをもって、わたしの前に歩み、
    わたしがあなたに命じたことをすべてそのまま実行し、わたしのおきてと定めとを守るならば”

C 大要
    先のサムエル記1がサウル王国樹立、Ⅱ がダビデの王国建設であったが、列王記1は、ソロモンの
    王位継承より南北分裂時代までである。列王記 Ⅱ は分裂時代より王国滅亡まで。
    その特徴は次の三点にある。

  1、記述の方法等について題名の如く王とその治世に重点を置き、分裂時代では、南北の王を比較照
    させて出来事を記述する方法をとっている。

  2、各王の統治と神に対する態度に鋭い批判を降し、神殿取扱いとエホバ礼拝の忠誠遺憾によって
    王の善悪が定められている。

   3、歴史的記述の不平均。歴史的に重要な事柄でも詳細に述べてあるのと、無いのとがある。
      これは著者の判断によって左右されたのであろう。列王記1、Ⅱ は神殿中心によって左右されている
    といってもよい。
 
2 著者
   不明。伝説的に、エレミヤではないかと言われている。著者は多くの資料の本から列王記上、下を
   書いたものらしく、次の三つの書名が挙げられている。
    ユダの王の年代記(列王記上15章7節) イスラエルの王の歴代誌(15章31節) 
   ソロモンの行為の書(11章41節)
    尚、著者は予言者であったと一般的に推測される。

3 他の文書との関係
   本書は元来、上下一巻のものであったがギリシャ語に訳された時、分割されたものです。
   サムエルと歴史的に関連している。

4 分割 
   列王記1 王国の黄金期、全盛時代 一章ー10章
  A 王国の安定            一章ー2章

  1、ダビデの老後と哀れむべき姿               1章1〜4節
  2、息子アドニヤの謀反                   1章5〜9節
  3、予言者ナタンと妻バテシバの計略             1章10〜31節
  4、ソロモン、任職の脂注がれて王となる           1章32〜53節
  5、ダビデ、ソロモンに対して最後の訓戒を与えて他界する。   2章1〜11節
  6、ソロモンの王位継承                   2章12〜16節
  7、ソロモンの国内粛清                   2章13〜46節

 B 王国の栄誉と栄光       3章〜10章  
 
  1、ソロモンの礼拝                      3章1〜4節
  2、ソロモンの夢に顕現のエホバと知恵の付与          3章5〜3章15節
  3、知恵あるソロモンの名裁判                 3章16〜3章46節
  4、ソロモンの懸命な執政と統治                4章1〜4章28節
  5、天下に聞こえたソロモンの叡智               4章29〜4章34節
  6、ソロモンの神殿と宮殿の建築                5章〜〜8章
  7、ソロモンに再現の神と約束の言葉              9章1〜9節
  8、後のソロモンの内治外交政策                9章10〜28節
  9、シバの女王の来訪と回答                  10章1〜13節
  10、ソロモンが手にした莫大な富               10章14〜29節

 

 
 聖書概論 その2
 
  2 王国の衰退時代                  11章〜22章

 A    王国の南北分裂                  11章1〜12章24節
    1、ソロモンの背教と死                     11章
  2、レハベアベアムの即位と悪政                  12章1〜15節 
  3、王国は南、北の2派に分裂しヤラベヤム、イスラエル十支族の王位に就く
                                  12章16〜24節 
 B 王国の自滅
 1、ヤラベヤム(イスラエル王)の背教と死            12章25〜14章20節
 2、レハべアム(ユダ王)の背教と死               14章21〜14章30節
 3、度重なるユダ王等の背教                   15章1 〜 24節
 4、度重なるイスラエル王等の背教                15章25〜16章34節
 5、イスラエル王アハブと予言者エリヤ              17章1〜22章53節

  aエリヤとザレパテのやもめ                   17章
  bカルメル山上 エリヤとバアルの予言者との対決         18章
  cエリヤに対するアハブの妻イゼベルの迫害とエリシャの召命    19章
  d アハブ王、シリヤ王ゲネハナデに勝利を得る           20章
  e アハブ王、ナボテのブドウ畑を略奪する             21章
  fアハブ王とヨシャパテ王               

*登場人物
  ソロモン 彼は非常に知恵に満ち、神殿を建築するなど多くの働きをなした。しかし、彼は晩年
         神に背きイスラエル王国滅亡の原因を作った。
   エリヤ  大予言者でエホバの預言者がほとんど殺された後も、彼はエホバのため、バアルの預言
        者たちと戦った。列王記上19章10節。彼は弟子エリシャの目の前で火の車の如き物に
        物に乗り天に上げられた。
  アハブ   彼は悪王中の悪王であり、その妻イゼベルも熱心なバアル偶像教徒であった。

6、使 命 
     a 報酬と復讐。信ずる者、従う者には良き報いを与え、信ぜぬ者、従わぬ物には復讐を与え
        られる。人物の取り捨て選択、と関連あり。
      b    国の栄古盛衰は王にかかっている。 
       1、神 第一主義が先決問題である。
       2、王がその民を如何に愛しているか。レハべアムをみよ。
       3、王の良識と実際生活の清さは国の基準である。
7、教訓
      最大で神に忠実であったダビデさえ罪を(姦淫と殺人)を犯した。その後のダビデは哀れである。
      しかし神は彼を辱めなかった。しかし、その汚点はいつまでも消えなかった。彼の晩年は残光
      の生活であった。丁度、太陽が西へ沈んだ後しばらく明るい光が残っているそれであった。

      ダビデは良い子供を持たなかった。という事は良いしつけ立派な生活をしなかったという事に
      原因がある。列王記上1章6節によるとダビデはその子に対してはほとんど盲目的な愛であっ
      て、厳しい態度をとっていなかった。箴言13章24節”『ムチを控える者はその子を憎む者
      である。子を愛する者はつとめてこれを懲らしめる』とある。箴言23章13、14節参照。
      
      ソロモンはきたるべき平和の君、イエス・キリストの予表である。
      ソロモンは王国の繁栄をはかった。国の繁栄は戦争の勝利ではなく国民生活の平和にある。

      繁栄の王として、ソロモンは優れた資性を持っていた。これが王国の繁栄の一番大きな原因で
      あった。しかし彼も偶像崇拝の罪に歩み王国崩壊の原因を作った。


 



 

Copyright (c) 東大阪キリスト教会