すべてのメッセージのタイトル一覧
(2015-05-17の週報より)

「ペンテコステ」

メッセージを聞くにはクリック  

聖霊があなたがたの上に臨まれるときあなたがたは力を受けます。〈使徒1章8節)
 一、聖霊に満たされて(使徒2章1−12節)
  彼らが集まっていると、天から激しい風が吹いてくるような響きがあり、聖霊
 がくだりました。彼らは、聖霊に満たされ、他国のことばで語り出したのです(4節)。
 これが、異言と言われるものですが、異言には二種類あります。一つは、この時のよう
 に他国の言葉で語ることで(6節)、もう一つは、まったく異なったことばで語ることで
 す。後者は異言を解く人を必要とします(Ⅰコリント14章1ー19節)。
  彼らは皆、聖霊に満たされて異言を語ったが、それは神の働きの印でした。そこには
 多くの国の人々が集まっていましたが『あの人たちが、私たちのいろいろな国ことばで
 神の大きなみわざを語るのを聞こうとは』(11節)と驚いて互いに語り合っています。


 二、聖霊に励まされて(13−36節)
  ペテロは他の弟子たちと一緒に立ち上がって、大胆に最初の説教をしました。まず、
 甘い葡萄酒に酔っているのではなく、約束の聖霊を受けたことを説明します。続いて、
 ナザレのイエスについて語り、約束のメシヤであると証言します。その十字架と復活を
 語り、『神はこのイエスをよみがえらせました。私たちはみな、そのことの証人です』
 (32節) と宣言したのです。
  ペテロは、かつては三度もイエスを知らないと言った人でしたが、今は聖霊に励まさ
 れて大胆にキリストを証言しています。聖霊に満たされる時、どのような人も臆するこ
 となく福音を語ることが出来るのです。私たちも、聖霊に満たされて、キリストの福音
 を大胆に多くの人々に伝えましょう。


 三、聖霊に動かされて(37ー47節)
  ペテロの大胆な説教によって、人々は心を動かされ『私たちはどうしたらよいのでし
 ようか』と尋ねました。ペテロは答えて『28節』聖霊の働きによって罪が示されて悔
 い改め、イエス・キリストを信じることができる (ヨハネ16章8-11節)。賜物としての
 聖霊) 直訳すると『聖霊の賜物』であり、救いのことであるという解釈もあるが新解約
 のように読むのがよいでしょう。
  聖霊に動かされて、さらに多くの不思議な業とあかしの奇跡が行われ、信徒は資産や
 持ち物を売って共同の生活を始めました。そうせざるを得ないほど、彼らはキリストに
 あって一つにされたのです。また、彼らは心から神を賛美し、すべての人に好意を持た
 れました。私たちもイエスを自分の救い主と信じると聖霊を受けることができます。
 聖霊の導きに従って、豊かな信仰の生活を全うしたいものです。
 

聖書箇所を検索:使徒行伝(結果はページ右に表示されます)
福音書の主な出来事:該当なし



 

Copyright (c) 東大阪キリスト教会