すべてのメッセージのタイトル一覧
(2012-12-02の週報より)

「救い主誕生(一)預言」

  


『ひとりのみどりごが、わたしたちのために生まれる。ひとりの男の子が、 私たちに与えられる。』 (イザヤ9章6節)


一、イザヤが予言した時代(イザヤ9章1ー5節)
救い主誕生の700年前、イスラエルは北王国イスラエルと南王国ユダに分裂してから長い年月がたっていました。イザヤは南王国で活動していた預言者です。この時代、人々は神のことばを軽んじて、力ある人や国、また偶像にすがっていました。神に選ばれた民が神に背くことが、あらゆる問題の始まりです。北王国はアッシリヤによって滅ぼされ、南王国にも崩壊の時が迫っていました。

 神はイザヤによってその状況を『苦難』『やみ』『暗やみ』『暗黒』と伝えています

(イザヤ 8章 19—22節)。しかしイザヤは、闇の中を歩んでいた人々が『大きな光』を見ると預言します。そしてその光は、民の努力によってではなく、神によってもたらされるものだというのです。

二、救い主について(イザヤ9章6、7節)

イザヤが預言した『大きな光』は、一人の男の赤ちゃんによってもたらされるのです。

イザヤは救い主の四つの特徴を、次のように伝えています。

 ? 不思議な助言者=この方は、ご自分についてほかの誰のアドバイスも必要としない、完璧な知恵と判断力を持っています。私たちにとっても不思議な (驚くほどの) 助言者であられます。

 ? 力ある神=この方は神です。すべての力を帯びておられます。

 ? 永遠の父=どんな権力者にも終わりが来ます。しかし、神であるこの方には、時間的な限界がありません。永遠に、子供を見守る父親のように、私たちを守って下さるのです。

 ? 平和の君=昔も今も、戦争がやむことがありません。力で対抗しても、より強い力を行使して実現したかに見える平和も、一次的なものでした。しかし、この方は真の平和をもたらします十字架によって………。

三、ミカの預言(ミカ5章2節)

 イザヤとほぼ同じ時代に活躍した預言者ミカは、救い主がどこでお生まれになるかを預言しました。

 ベツレヘム・エフラテはダビデ王の故郷です(?サムエル16章1節参照 )。つまり、この預言は、単に救い主がベツレヘムで生まれることだけではなく、ダビデ王の子孫としてお生まれになることを明らかにしているのです。

 そして、この予言のとおり、救い主はダビデの子孫として両親の住むナザレから100?

以上も南のベツレヘムで誕生したのです。イエスが誕生なさった時、ヘロデ王は学者に命じて救い主誕生の場所を突き止めさせました。その時『救い主はベツレヘムでお生まれになる』と告げた学者たちが引用したのが、このミカの預言のことばでした。
(マタイ2章6節)


* 12月2日ーアドベント  聖書箇所=イザヤ9章1ー7節 ミカ5章2節

  *  主題=救い主の誕生は、旧約の昔から予言されていた。

聖書箇所を検索:イザヤ書(結果はページ右に表示されます)
福音書の主な出来事:該当なし



 

Copyright (c) 東大阪キリスト教会