すべての便り一覧
(2012-11-10)

「2011・11バンクーバーだより」

  

バンクーバー便り  2012年11月    Rev.Katsumi Muramatsu
 落ち葉の季節になりました。家の前の道路は一面の落ち葉となっています。あれほど紅葉して
美しかったものがこうして落ち葉となってしまうとは何かとてもはかない気持ちとなります。市
の落ち葉集めの専用車が来る前に、前庭に積もった落ち葉を道路に履きださないといけません。
大きな熊手で落ち葉を掻き集めていると、必ずカラスがやってきます。私が汗水たらして働いて
いるのを木の上から見て、カーカーと鳴きます。何かカラスに馬鹿にされているような気になっ
てしまいます。カラスは落ち葉の下から掻き出される虫やミミズを狙っているのです。カラスは
頭がよく、今やバンクーバーの町に殖え、はびこっています。実に癪であります。落ち葉を掻き
集めていると一匹のカラスがどこかで鳴いています。カラスをいまいましく思っている私はどこ
にいるのかと見届けようとあたりを見据えました、ひょっと上を見上げると、カラスは私の真上
の木の枝にいるではありませんか、ちょうど見上げた私の顔面めがけて糞が落ちてくる途中でし
た、避ける間もなく私の鼻ずらに直撃でした。まさにカラスに糞(踏ん)だりけったりでありま
した。朝早くカラスが鳴いているときがあります。そうするとカラスの群れの下にはたいていラ
クーンがおるのです。ラクーンがガベージを荒らすとそのおこぼれにあやかろうとカラスが集ま
るのです。カラスはビニール袋に包まれたガベージをどうすることもできないのでラクーンがやっ
た後を狙うのです。実に頭がいいのです。ラクーンにはカラスはうるさく、邪魔でたまらないこ
とでしょうね。
 ところで今日本は“金木犀の香り”がただよっているのではありませんか、ああ!あの香りは
私の青春を思い出させる香りで、今や郷愁を掻きたたせる香りとなっています。それに柿が鈴な
りとなっている里山の風景、日本が恋しくてなりません!!香りといえば、最近発見したことで
すが、ジャスミンライスの香りです。ある中華料理店で働いている人から残飯をいただきました。
そのご飯の香りがとてもすばらしく味も日本のご飯以上においしいのです。その芳香に満ちたご
飯が“ジャスミンライス”との事でした。長細い、まさに外米です。日本人の私は外米はまずい
という先入観が染み付いておりましたので、外米である“ジャスミンライス”がこんなにおいし
いのに驚きました。それで、店に行きジャスミンライスを買ってきました。10kg12ドル(
約千円)でした。こちらの米としては少々高かったですが、味と香りがすばらしく、この米にや
みつきとなりそうです。特にカレーライス、チャーハンにうってつけです。日本でも買えるので
しょうか?米には日本では700%の関税がつくとの事ですのでたとえジャスミンライスがあっ
たとしても、きっと高価なことでしょう!どうぞ一度ジャスミンライスを食べてみてください。
 今回は、変なことばかり書いてしまいました。お許しください。ともかく日本の秋は懐かしく
てたまりません!皆様のお祈りのおかげで私ども家族みんな元気に暮らしています。
 皆様のお祈りを心から感謝いたしております。本当にお祈りありがとうございます。
                        バンクーバー村松勝三 11月5日



 

Copyright (c) 東大阪キリスト教会