すべてのメッセージのタイトル一覧
(2012-06-17の週報より)

「父の愛」

  

 こどもたちよ。主にあって両親に従いなさい。これは正しいことである。
                            (エペソ6章1節)
一、父の愛(ルカ15章11ー24節 ?テサロニケ2章11、12節)
 まず、イエスが語られた放蕩息子の例えから学びます。ルカ15章11、12節を読みましょう。二人の兄弟のうちの弟が、父に、当然の事のように財産の分け前を要求しました。ユダヤの律法に従って、いずれ弟息子にも父の財産が分配されます。けれど、父が元気なうちに、自分の方から要求するとは、なんということでしょう。これでは父の遺産を
『死ぬのが待ちきれませんから、今、下さい』といっているのと同じです。しかし父は、 彼に要求を聞き入れて、弟息子に財産を分けてやりました。
 こんな方法で親から与えられた財産が、有意義に使われるはずがありません。13-16を読み、財産をもらってからの彼の生活をたどりましょう。最後にはユダヤ人が汚れた動物として忌み嫌っている豚の世話に雇われ、その餌を食べたいと思うほどに飢えて、それさえ誰もくれないほどに落ちぶれしまいました。
 このようなどん底の苦しみを味わって、彼はやっと、自分が神と父に対して大きな罪を犯したことに気づきました(18、21節)。それで、今までの罪を心から悔いて、息子としてではなく、雇い人として働かせてもらうつもりで、家に戻る決心をしました (17ー19節)
 ところが父は、疲れきった姿で家に向かって来る息子を、遠くに見つけた途端に、自分のほうから走って出迎え、彼を両腕にしっかりと抱きしめたのです (20節)。なんと感動的な情景でしょうか。たぶん父は、息子が帰ってくるのを,毎日神に祈りながら待ち続けていたのでしょう。そればかりでありません。罪を悔い改めた(21節)彼を、今まで通りに息子として受け入れ (22節)。盛大な祝宴を開いたのです(23、24節)。息子は初めて
 息子を思う父の気持ちが理解できたのではないでしょうか。
 この父のように、神を信じている親は、子供たちのが、神のみこころにふさわしく成長することを強く願います。いえ、神を信じていない親も、良心を与えられていますから、子供が正しく歩むことを望み、励ましたり、厳しく戒めたりするのです。(?テサロニケ2章11、12節)

二、両親に従いなさい。(エペソ6章1ー3節)
 子供は親の愛を知っていながら、反抗のための反抗をしてしまうことがありますが、聖書はどう教えているでしょうか。エペソ6章1ー3を読みましょう。両親を尊敬し両親に従うことは、クリスチャンに与えられた義務であり、祝福を約束された特権だということがわかります。イエスご自身も、この戒めどおり、両親に従う模範を示してくださっています(ルカ2章51節)。
 『自分が親になり、初めて親の思いに気づいた』とか『苦労させられた子ほど可愛い』ということをよく聞きますが、この放蕩息子の父親のように、どの両親も、子の立場で気づく以上の愛と責任をもって、日々育てて下さっているのではないでしょうか。
『父の日』を機会に、いっそう両親を尊敬し、両親に従い、イエスを模範として歩んでいく決心をしましょう。

*6月17日(父の日)放蕩息子の話(父の愛)

聖書箇所を検索:ルカ福音書(結果はページ右に表示されます)
福音書の主な出来事を検索:失われた羊放蕩息子のたとえ(結果はページ右に表示されます)



 

Copyright (c) 東大阪キリスト教会