すべての便り一覧
(2012-05-30)

「バンクーバー便り」

  

バンクーバー便り ‘12.5月   
                     kmuramatsu@shaw.ca
 皆様にお祈りをいただいておるにもかかわらず、大変ご無沙汰いたしましてまことに申し訳あ
りません。
私どもみんな元気に暮らしております。

このたび、6月26−29日に開かれる、丹波篠山におけるオルホード講解説教セミナーに参加
させていただくことになりました。私は過去4回にわたってこのセミナーに参加いたしました。
それで課題の講解説教の完全原稿と出席セミナー4回の報告書を提出させていただきました。卒
業証書を頂けるかどうかは「講解説教セミナー委員会」の審査の結果によることですが、無事卒
業できることを切願しております。今年のセミナー中に晴れて卒業証書を授与されることを夢見
ています。
それで、セミナーの前後の6月20日ー7月5日と訪日することを予定しています。その間日本
各地を訪問したく願っていますが、皆様にお目にかかれることを楽しみにしています。

 こちらバンクーバーは初夏の候となり、百花繚乱、神秘的新緑を呈しています。そして日が長
くなり、夜10時ころまで日が沈みません。
 先日、クルーズに乗ってアメリカ、アラスカを旅してバンクーバーに戻ってきましたが、家内
曰く『やっぱりバンクーバーが一番美しいわ』でした。
しかし、訪れたアメリカの街々でも、そこに住んでる人は皆、自分の町が一番すばらしい—と言っ
ておりましたから、『住めば都』の格言通りです。あえて美しいというなら、神様の創造の業が
すばらしいと言うべきでしょう! 
『私は感謝します。あなたは私に、奇しことをなさって、恐ろしいほどです。』(詩篇139:
14)
もう6月になります、日本では田植えの候となりますね、田植えの景色を本当に懐かしく思い浮
かべています。年のせいでしょう日本が懐かしくてたまりません。
そんなわけで、この度の訪日とても楽しみです。
        では今日はこの辺で、皆様のお祈りを心から感謝しつつ。
                                   バンクーバー村松勝三        
          

 



 

Copyright (c) 東大阪キリスト教会