すべての説教のタイトル一覧
(2007-01-24)

「 預言と成就」

  

聖書の預言とは何か

ペテロ第2の手紙1:19から21において、
すべて聖書が預言として語られていることを知る。次の如し。

「預言の言葉は私たちに一層確実なものになった。
あなた方も夜が明け、明星が上って、あなた方の心の中を照らすまで、
この預言の言葉を暗闇に輝くともしびとして、それに目をとめているがよい。」

「聖書の預言は、すべて自分勝手に解釈すべきでないことを、まず第一に知るべきである。」

「なぜなら預言は決して人間の意志から出たものではなく、人々が聖霊に感じ、神によって語った者だからである。」

 この聖書の第一部において、すべて聖書は預言であるということが特に啓示されている。
言い換えれば神の言葉は人間が語った知識や悟りではなく、人の口を通して与えられた神の言葉である。
 故に「聖書の預言は何であるか?」の質問に対し、次の如き返答をする。
 すなわち聖霊により監督されている男子や女子が人間の研究、知識、あるいは過去における歴史、
または他の意味でも知ることができなかった情報や預言を神の霊によって語ることである。

 第2の質問は「誰が預言者か?」である。
これについて次の如く返答する。預言者は神に呼び出されたもので神に信頼し、
ゆだねている神の僕である。
多くの迫害と苦難によって試みられても忠実に神の教理を証しし、各個人、人々の集まり、
全世界に対してさえも、それらに対する神の目的とご計画を示し、神の言葉を取り次ぐ神の器である。
ある時、預言者は「先見者」という名前で呼ばれた。意味は見つける人、
調べる人という意味である。今その働きについて2,3点に分割しよう。

a.神の秘密を見ること、あるいは悟ること。(ダニエルが主の夢を解いたこと)
b.人の隠れた罪を見ること或いは悟ること。
c.未来を調べ、それが歴史となる前に世界に起こる未来の出来事を分かること。

 先のペテロ第2の手紙1:20により預言は不問の思考、見解によって解釈判断されることは
できないということに注意をしなければならない。
故に聖霊に満たされておることは必要である。神に仕えて待ち望んで神の御意志を悟ることが必要である。
 旧約聖書の預言の最も大きな題目はキリストである。故に最も重要な預言としてキリストに
関するものが百以上もある。
次にその中の霊なるものを挙げてみよう。

1:預言
 私は恨みをおく。おまえと女との間に。おまえの末と女の末との間に。彼はおまえの頭を砕き、
おまえは彼のかかとを砕くであろう。(創世記3:15)

★成就★
彼は大いなる者となり、いと高き者の子ととなえられるでしょう。
そして主なる神は彼に父ダビデの王座をお与えになり(ルカ1:32)
聖霊があなたにのぞみ、いと高き者の力があなたをおおうでしょう。
それ故に生まれ出る子は聖なる岩であり、神の子ととなえられるでしょう(ルカ1:35)。

2:預言
つえはユダを離れず、立法者の杖は、その足の間を離れることなく、シロの来るときまでに及ぶであろう。
諸々の民は彼に従う。(創世記49:10)

★成就★
そのころ全世界の人口調査をせよとの勅令が皇帝アウグストから出た(ルカ2:1)
それはすでに身重になっていたいいなづけの妻マリヤと共に登録するためであった。
ところが彼らがベツレヘムに滞在している間に、マリヤは月が満ちて初児を産み、
布にくるんでかいばおけの中に寝かせた。客間には彼らのいる余地がなかったからである。(ルカ2:5?7)

3:預言
その骨を折ってはならない。出エジプト記12:46。主は彼の骨をことごとく守られる。
その一つだに折られることはない(詩篇34:20)。

★成就★
彼らがイエスの所に来た時、イエスはもう死んでおられたのを見て、その足を折ることをしなかった。(ヨハネ19:23)
これらのことが起こったのは「その骨は砕かれないであろう」との聖書の言葉が成就するためである。(同36)

4:預言
あなたの神、主はあなたのうちから、あなたの同胞のうちから私のような一人の預言者をあなたのために起こされるであろう。
あなた方は彼に聞き従わなければならない。(申命記18:15)

★成就★
それは主のみ前からなぐさめの時が来て、あなた方のためにあらかじめ定めてあったキリストなるイエスを、
神がつかわしてくださるためである。(使徒3:20)
モーセは言った。「主なる神は私をお立てになったように、あなた方の兄弟の中から、
ひとりの預言者をお立てになるであろう。その預言者があなた方に語ることにはことごとく聞き従いなさい(同22)

5:預言
主は自ら一つのしるしをあなた方に与えられる。
見よ、おとめが身ごもって男の子を産み、その名はインマヌエルととなえられる。(イザヤ書7:14)
★成就★
イエス・キリストの誕生の次第はこうであった。母マリヤはヨセフと婚約していたが、
まだ一緒にならない前に聖霊によって身重になった。(マタイ1:18)
初児を産み、布にくるんでかいばおけの中に寝かせた。客間には彼らのいる余地がなかったからである。(ルカ2:7)

6:預言
主はイスラエルの2つの家には聖所となり、また妨げの石、つまずきの岩となり、
エルサレムの住民には網となり、わなとなる。 (イザヤ書8:14)

★成就★
彼らはつまずきの石につまずいたのである。(ローマ9:32)
また「つまずきの石、妨げの岩」である。しかし彼らがつまずくのは御言葉に従わないからであって、
彼らは実はそうなるように定められていたのである。(第1ペテロ2:8)

7:預言
暗闇の中に歩んでいた民は大いなる光を見た。暗黒の地に住んでいた人々の上に光が照った。(イザヤ9:2)

★成就★
暗黒の中に住んでいる民は大いなる光を見、死の地、死の陰に住んでいる人々に光がのぼった。(マタイ4:16)

8:預言
ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が私たちに与えられる。
主権はその肩にあり、「不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君」と呼ばれる。(イザヤ9:6)

★成就★
ルカ2:7

9:預言
その主権は増し加わり、その平和は限りなく、ダビデの王座に着いてその王国を治め、
さばきと正義によってこれを堅く立て、これを支える。
今より、とこしえまで。万軍の主の熱心がこれを成し遂げる。(イザヤ9:7)
この方に主権と光栄と国が与えられ、諸民、諸国、諸国語の者たちがことごとく彼に仕えることになった。
その主権は永遠の主権で過ぎ去ることがなく、その国は滅びることがない。(ダニエル7:14)

★成就★
彼は大いなる者となり、いと高き者の子ととなえられるでしょう。
そして主なる神は、彼に父ダビデの王座をお与えになり、彼はとこしえにヤコブの家を支配し、
その支配は限りなく続くでしょう。(ルカ1:32?33)

10:預言
その日エッサイの根が立って、諸々の民の旗となり、諸々の国人はこれに尋ね求め、その置かれる所に栄光がある。(イザヤ11:10)
私の支持する我がしもべ、私の喜ぶ我が選び人を見よ。私は我が霊を彼に与えた。彼は諸々の国人に道を示す。(イザヤ42:1)

★成就★
その名をイエスと名付けなさい。彼はおのれの民をその諸々の罪から救う者となるからである。(マタイ1:21)

11:預言
その上に主の霊がとどまる。これは知恵と悟りの霊、深慮と才能の霊、主を知る知識と主を恐れる霊である。(イザヤ11:2)

★成就★
イエスはバプテスマを受けると、すぐ水から上がられた。
すると見よ、天が開け、神の御霊が鳩のように自分の上に下ってくるのをごらんになった。(マタイ3:16)

12:預言
そのとき盲人の目は開かれ、耳しいた者の耳はあけられる。
そのとき足なえは鹿のようにとびはね、おしの舌は喜び歌う。荒野に水がわき出し、荒れ地に川が流れるからだ。(イザヤ35:5?6)

★成就★
行ってあなた方が見聞きしていることをヨハネに報告しなさい。
盲人は見え、足なえは歩き、らい病人はきよまり、耳しいは聞こえ、死人は生き返り、
貧しい人々は福音を聞かされている。(マタイ11:4?5)キリストに対する預言は旧約聖書に多く記されてあるが、
特に詩篇とイザヤ書に最も多い。イザヤ書53章は全章がキリストの生涯及びその死に対する預言である。

イザヤ53:1の預言
誰が我々の聞いたことを信じ得たか。主の腕は誰にあらわれたか。

★成就(マルコ6:3)★
この人は大工ではないか。マリヤの息子で、ヤコブ、ヨセ、ユダ、シモンの兄弟ではないか。

イザヤ53:2の預言
彼は主の前に若木のように、乾いた土から出る根のように育った。彼には我々の見るべき姿がなく、
威厳もなく、慕うべき美しさもない。

★成就(ルカ9:58)★
きつねには穴があり、空の鳥には巣がある。しかし人の子には枕するところがない。

イザヤ53:4の預言
まことに彼は我々の病を負い、我々の悲しみを担った。しかるに我々は思った。
彼は打たれ、神にたたかれ、苦しめられた。

★成就(マタイ20:27?28)★
あなた方の間でかしらになりたいと思う者はしもべとならねばならない。
それは人の子が来たのも仕えられるためではなく仕えるためであり、また多くの人のあがないとして

イザヤ53:5の預言
しかし彼は我々のとがのために傷つけられ、我々の不義のために砕かれたのだ。
彼は自ら懲らしめを受けて我々に平安を与え、その打たれ傷によって我々は癒されたのだ。

★成就(ローマ4:25)★
主は私たちの罪過のために死に渡され、私たちが義とされるためによみがえらされたのである。

イザヤ53:7の預言
彼はしいたげられ、苦しめられたけれども口を開かなかった。

★成就(マタイ26:63)★
しかしイエスは黙っておられた。

イザヤ53:9の預言
彼は暴虐を行わず、その口には偽りがなかったけれども、その墓は悪しきものと共に設けられ、その塚は悪をなすものと共にあった。

★成就(マタイ27:57?60)★

イザヤ53:11の預言
多くの人を義とし

★成就(ローマ5:18)★
ひとりの罪過によってすべての人が罪に定められたように、ひとりの義なる行為によって命を得させる義がすべての人に及ぶのである。

イザヤ53:12の預言
とがある者と共に数えられた。

★成就(マタイ27:38)★
2人の強盗がイエスと一緒に、ひとりは右に、ひとりは左に、十字架につけられた。

イザヤ53:12の預言
とがある者のためにとりなしをした。

★成就(ヘブル7:25)★
彼はいつも生きていて彼のために取りなしておられる。



 

Copyright (c) 東大阪キリスト教会