すべてのメッセージのタイトル一覧
(2010-01-17の週報より)

「パウロの回心」

メッセージを聞くにはクリック  

だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。 (第二コリント5章17節)

Therefore, if anyone is Christ. he is a new creation; the old has gone. the new has came! ( 2 corinthians 5 : 17 ) New International Version

 

一,迫害者サウロ( 使徒9章1、2節 )

 『イエス様は十字架の死から復活なさいました。イエス様こそ神が贈ってくださった救い主 なのです』。このように伝える弟子たちに激しく反発する人たちがいました。『イエスが神の子であるはずがない』『あんな奴を信じるなんて神様に背くこと だ』サウロもそう思っている人の一人でした。

旧約聖書をよく学び、神様の教えを熱心に守る人でした。サウロはユダヤ人の指導者である大祭司 のところへ行き、こう頼みました。『イエスを信じる者たちを捕まえに行きたいので,許可書をください』イエスを信じる者は男でも女でも捕まえてよいという 許しを受けて、サウロは仲間と一諸にダマスコの町に向かいました。


二、天からの声(使徒9章3−9節)

 ダマスコの 近くまで来た時です。突然、天からの光がサウロを照らしました。『まぶしい!』サウロはばったりと地面に倒れ伏しました。『サウロ,サウロ、なぜわたしを 迫害するのか。』不思議な声が聞こえました。サウロは震えながら『あなたはどなたですか』『わたしは、あなたが迫害しているイエスです。立ち上がって、ダ マスコの町に入りなさい。そうすれば、あなたのすべきことがわかります。』

 パウロの仲間たちは、だれも見えないのに不思議な声だけが聞こ えるので、ぼう然と立ちつくすばかりでした。恐る恐る立ち上がったサウロの目は、何も見えなくなっていました。サウロは仲間に手を引いてもらい、ようやく ダマスコの町に入りました。そして三日間、食事もせづに祈りながら過ごしていました。


三、新しい心・新しい使命(使徒9章10ー31節)

 そんなサウロのもとに、アナニヤという人がやって来ました。アナニヤはイエス様を信じる人でしたが、イエス様に遣わされて、サウロに会いに来たと言うのです。10ー15節を読みましょう。初めは驚いたアナニヤですが、イエス様のお言葉に従って出かけたのでした。

  アナニヤはサウロの上に手を置いて言いました。『兄弟サウロ、あなたがここに来る途中で現れたイエス様が私を遣わされました。あなたが再び見えるようにな り、聖霊に満たされるためです』するとすぐに、サウロの目からうろこのようなものが落ちて、再び見えるようになりました。サウロはイエスを信じたしるしの バプテスマを受けて、ダマスコに住むイエスの弟子たちと過ごしました。

 それからのサウロは、まるで別人のようになりました。人々が集まる会堂を回り、イエスが救い主であると、力強く伝え始めたのです。『あの男は,イエスを信じる者たちを捕まえていたのに』あまりの変わりように、周りの人たちはただ ただ驚くばかりでした。


  サウロはエルサレムに帰り、エルサレム教会の仲間に入ろうとしましたが、皆はサウロの過去を知っているので、信用してくれませんでした。けれども,バルナ バという弟子がサウロを受け入れて、12弟子たちに紹介してくれました。それ以後サウロは、エルサレムでもイエスの福音を伝えるようになりました。このサ ウロが後にパウロと呼ばれる大伝道者になるのです。

聖書箇所を検索:使徒行伝(結果はページ右に表示されます)
福音書の主な出来事:該当なし



 

Copyright (c) 東大阪キリスト教会