すべてのメッセージのタイトル一覧
(2017-08-29の週報より)

「青銅の蛇」

  

主題  青銅の蛇  (民数記 21章1−9)

  地の果てなるもろもろの人よ、わたしを仰ぎのぞめ、そうすれば救われる。
 わたしは神であって、ほかに神はないからだ。   (イザヤ45章22)

一、民の罪
 イスラエルの民は、エジプトを出てから四十年間も旅をしていました。シナイ山で二十歳以上の者は全員死んでいました。今や民は若い世代の者たちです。民はモル山からエドムの地を迂回して葦の海に向かって旅をしている途中でした。
 民は、もう旅を続けることに我慢できなくなりました。『なぜ神とモーセは私たちをエジプトから連れ出したのだ。父たちはバランの荒野で神につぶやき罪を犯して、カナンの地に入れず死んでしまった。しかし私たちはいったいどんな罪を犯してこんな旅をしなければならないのだ。私たちも父と同じようにこの荒野で死なせるのかパンもなく水もない。マナはもう飽き飽きした。もうこんな生活はいやだ。』その叫びは民全体に広がり、モーセもどうすることもできませんでした。
 私たちもこのような不平を言っていないでしょうか。『私はどうしてこんな家に生まれてしまったのだろう』『もっとましな人と結婚していたら』会社が、社会が、あるいは、私はどうしてこんなにダメなのだろう?。確かに私たちには悩みがあります。多くの人はその為に神の存在を否定します。また苦しみのあまり
神や人を呪ったりします。でも神を否定することは罪です。罪を犯した人は滅びなければなりません。(ローマ6・23参照)
 イスラエルの民は、今まで神に何度も救われました。しかし彼らはもうそのことを忘れ、不平を言い神に逆らったのです。彼らは罪を犯しました。神は不信仰な民を罰するために燃える蛇を送られました。


二、救いの道
 民はモーセに助けを求めました。『私たちは、神とあなたとを非難し罪を犯しました。私たちは悔い改めます。どうか蛇を私たちから取り去ってください。神に祈って私たちを助けてください。』
 モーセが民のために祈ると、神はモーセに答えて言われました。『あなたは燃える蛇を作り、それを旗竿の上につけなさい。蛇にかまれたすべての人は、それを見れば生きることができるのです。』モーセは神に言われたとうりに青銅の蛇を作り、旗竿の上につけました。蛇に噛まれた人々は、それを仰ぎ見て死の苦しみからすくわれました。
 これは私たちの罪からの救いと似ています。正しい方ですから、不平や罪は罰しなければなりません。
燃える蛇は神のさばきです。また民が仰ぎ見て助けられた青銅の蛇は、神の御子イエス・キリストです。


三、イエス・キリストによる救い(ヨハネ3章14−16)
 神の御子イエス・キリストは人間の形をとり、地上に人の子として生まれてくださいました。そして全人類の救いのために十字架にかかってくださいました。全人類が罪のために滅びないように、罪のないイエス
が私たちに代わって死んでくださったのです。
 私たちはイエスを救い主と信じることにより罪を赦され、永遠のいのちをもつことができるのです。
 イエス・キリストはあなたの為に死んでくださいました。それは神があなたを愛して、滅びから救おうとしてくださったからです。あなたもイエス・キリストを信じましょう。

(祈ります)
 

聖書箇所を検索:民数記(結果はページ右に表示されます)
福音書の主な出来事を検索:十字架のイエスの死(結果はページ右に表示されます)



 

Copyright (c) 東大阪キリスト教会